妹はもうすぐ成人式を迎えます。
自宅には着物の案内がたくさん届いています。
先日、母と妹で着物を見に行きました。
なかなか出かけなかったのですが、やっと重い腰をあげてでかけたようです。
なかなか着物を見に行かなかったけれど、成人式に着る振袖は楽しみにしているようです。
ただの面倒くさがりなだけです。

帰宅してから母が携帯で撮った写真を見せてくれました。
2種類着物を着たようで、1つは黒に白と赤の花柄模様、もう一つは黒と紫の地に白の花柄模様でした。

黒と白に花柄模様は大人っぽい印象ですが、妹にはちょっと似合いません。
黒と紫の地に花柄模様の方も大人っぽいのですが、もう一つのものより黒が少なく明るい印象でこちらの方が似合っていました。
妹はこちらを選んだようです。

成人式は再来年です。
まだまだずっと先だけれど、今から予約しないといいものはなくなってしまうそうです。
着付けやメイクなどもしなければならないので、そういったことも予約すると1年以上前に予約する必要があるそうです。

私は成人式に出席しなかったし、着物をきて写真を撮ることもしませんでした。

早くから予約をして、しかも何万円もすると聞くとなぜそんなに振袖が着たいのかわからなくなります。
妹の話を聞いて大変そうだったので、成人式に振袖を着なくてよかったです。
lava 西宮の情報

私は自分で言うのもなんですが、物持ちが良い方です。
そのため、洋服や電化製品なども、一旦気に入ったものを手に入れると、摩滅してしまうまで使い込みます。
私は、物というのは、大切に扱えば、使い込むほどに味わいが出てくると考える方なのです。

そんな私が愛用している靴の底が、ふと気がつくとだいぶ磨り減っていました。
その靴は、定番のスニーカータイプで、カラーはグレイです。
色的にもデザイン的にも、いろんな服装に合わせられるので、スッカリ気に入ってしまい、頻繁に履いていたら、いつの間にか摩滅してしまっていたのでした。
残念ながら、もう潮時のようです。

そこで、今度ひさしぶりに、新しい靴を買いに行きたいと思っています。
ここ数年は、スニーカータイプのものをずっと履いていたので、違うタイプを選ぶ予定です。
具体的には、ブーツタイプが気になっています。
大げさな感じではなくて、カジュアルに履けるものが欲しいです。
それなら、いろんな服装に合わせられそうだし、今までとは一味違った雰囲気も楽しめそうだからです。
そしてまた、使い込んでいくことも楽しみたいです。
みどり酵素を楽天で探した結果を紹介

このところ毎日のように空気質量報告という地元の大気汚染のニュースで、上海の値が大変悪くて困っています。
上海の他にも川や湖と言った地形的な影響なのか、近隣の都市のAQI値が日本では考えられない範囲になっています。

特に大気汚染の様子を知らせるお気に入りのアプリでは、汚染具合が色分けで示されるのですが、このところ赤を通り越して赤黒い表示や計測器の目盛を振り切って真っ黒に表示される街が増え気が滅入ります。

だいたいAQI値が200を超えると気管支の弱い人は咳き込みます。
私も朝起きて喉がイガイガする日はもれなく200越えでした。
250を超えると外に出ないように行政機関から携帯電話にメッセージが来たりします。

対策は実際のところマスクをするとか空気清浄機を買うくらいしかないのですが、何しろ地元の人は空が煙っていようがニュースで警報が出ようがマスクをしません。
あまりにも普通に生活しているので、大騒ぎをしている日本人が神経質すぎるのかな?と悩んでしまいます。
気にしすぎでストレスも良くないとは思いますが、やっぱりマスクくらいはした方が良いのでは?と他人事ながら心配してしまいます。

そういうわけで今日もなんとなくうす黄色にけぶった空の下、上海の子供達は賑やかな声を上げて走り回っています。
痩せれるサプリ

おもてなしでオリンピック招致したかと思ったら、W杯の組み合わせが決まりましたね。
オリンピックで盛り上がりましたけど、W杯の方が先ですからね。

私の頭の中にはまだトルシエがいるんですけど、あれ2002年なんですよ。

つい最近のことみたいに感じますね。
これが年を取るということなのね。

あのときの選手達、今何人が現役でやってるんでしょう。
少し寂しいですね。

テレビ観戦に夢中で、ハーフタイムにみんながトイレに行くから水道量が増えたのって前回の大会ですかね。
その話を聞いたときは、おもしろいこと発見したなと感心しました。

ところで、組み合わせは割といいグループに入ったって話ですが本当なんでしょうか。
各国、予選を勝ち抜いて来てるのに、楽な相手っているんでしょうか。
油断してたらコロっとやられそうで恐ろしい。

勝っても内容がいまいちだったら、そのことを言われるし、内容がよくても負けたら言われるし、スポーツ選手って心も強くないとやってられないだろうなと思います。
男のマックスというCMしてる商品

先日のフィギアスケートのグランプリファイナルで、嬉しいことに日本人が男女とも金メダルを取りました。
しかも羽入さんも浅田さんも私が前からずっと応援している選手なので喜びもひとしおです。

そのうえ羽入さんはその前の世界大会でずっと王者パトリックチャンと同じ大会になってしまい、金メダルを取る実力があるのに二回とも銀メダルに甘んじました。
また浅田さんは言わずと知れた不調な時期をずっと努力で乗り越え、ついに安定したジャンプと磨きのかかったその他の要素が高い加点で評価されるようになったのを見ることができました。

もちろんファンとしては浅田さんのショートプログラムのトリプルアクセルは回り切ってるんじゃないかと思いましたし、ファンの間では有名ないつも浅田さんに厳しい判定をする日本人のジャッジがまたやらかしたのではないか、しかも3人中残りの一人が韓国人ジャッジで浅田選手に不利なジャッジをしたのではないか、といったなんともブラックな憶測が飛び交っていることも事実です。

でも両金メダリストのたたずまいは、そんなレベルの低いことでストレスを感じるどころか、自分の納得できるベストの演技ができなかったのが残念とか、点数はもらい過ぎたとか感想を述べていました。
アスリートとして素晴らしいだけでなく若くても人間としての品格も金メダルレベルなのだなと実感させられました。
こうじ酵素のモニターはコチラ

先日の土曜日は子供の参観日でした。
他の親子との親睦を深めるため、体育館でレクリエーションです。
催しの一つに、保護者全員参加の腕相撲トーナメント大会がありました。
私はいかにも腕っぷしが強そうなお母さんと1回戦で対戦し、秒殺で負けました。
負けた後は他の対戦の様子を見るのみです。
負けず嫌いなお母さんが多くて、粘りに粘る良い勝負があちらこちらで見られました。
か弱そうな人が意外と強かったり、見たまんま、力の強そうな人が順当に勝ち上がったり、見ていて面白かったです。
子供たちもお母さんの応援に大盛り上がりです。
決勝は私の負けた、いかにもな人と、普通のお母さんの対決でした。
いい勝負でしたが、いかにも強そうなお母さんが勝利しました。
そのお母さんの旦那さんが、遠巻きから複雑そうな顔で見ていたのが印象的でした。
続いてお父さんの腕相撲トーナメントです。
優勝したお母さんの旦那さんは、残念ながら1回戦敗退です。
家でケンカしても勝てないんだろうな、と思ってしまいました。

先日結婚式の二次会がありました。
新郎側友人の1人としてお招きいただきました。
実のところを言うと新郎とはそんなに親しいわけではなく、友達が結婚することについておめでたいというお祝いの気持ちはあります。
ただ参加に限って言えば、義理と人情で参加した部分が大きく、一刻も早く帰りたいというのが本音です。
二次会はゲームで盛り上がり、サプライズの手紙で泣かせるという、いかにもありそうな二次会でした。
無事終わりこれで帰宅と思っていたところ、新郎側参加者全員が三次会に行くことになりました。
その中自分だけ帰りますと言い出す勇気もなく、仕方なくついて行くことに。
ところが、幹事側はここまで人数が増えると想定しておらず、三次会のお店が見つかりません。
数十分探し回ったあげく、徒歩で1キロほど歩いたカラオケ店の予約が取れたと言う事で移動しました。
道を知っているのはそのあたりが勤務地だった人間だけで、他全員に土地勘がありません。
彼が先導しお店へと向かいましたが、二次会のお酒も回り千鳥足の人も多数見られます。
お店へ全員集合するまでまた相当の時間がかかり、私はあと40分で終電に乗らないと帰れなくなります。
お店はあいにく大部屋一部屋しかあいておらず、全員が同じ会計をしないと精算させてくれないようです。
終電を気にしないメンバーも多数いたので飲み放題のフリータイムになりました。
カラオケは意外と盛り上がらず、これは終電までに帰るチャンスができたと喜んでいましたが、フリータイムだったためか、誰も帰る気配だけはありません。
そんな中一筋の光がありました。
新郎の職場の先輩が帰ると言うのです。
これに便乗して帰ろうと思い、やっと部屋を出ました。
なんとか終電には間に合ったものの、カラオケ1時間5千円となりました。
二次会の費用と合わせてなかなかの出費です。
そもそもこれはお祝いの場。
そういう考えをすること自体、自分が小さい器の人間だなと少し反省しましたが、やっぱり高いなあ。

年末のプチ掃除を最近していて、子供の小さな頃の写真が出てきたり、
出産したときの写真などを見て、懐かしい 小さくて可愛いな
などと思い出に浸っていました。
出産の時に、物凄く痛いなどの色んな思い出に浸っていました。
出産は本当に想像以上に痛くて、良く人間は死なないなと思うほどでした。
最初は旦那も付き添ってと私は頼みましたが怖いからなどといって拒否っていた旦那、ですが私の陣痛が激しくなり分娩台に移るときに看護婦さんがお父さんもどうぞなどと言われ断れない旦那は恐る恐る私一緒で、私が力を入れたときに旦那も力を入れすぎて自分が持っていた、かばんの紐を切ってしまいました(笑)
無事に出産が終わった時に、「ありがとう」など言われ嬉しかった。
今となっちゃ笑い話なんだけど。
そんな子も大きくなって!子供の成長は本当早いないつかは大人になっていくんだよね。
抱っこできなくなっちゃうジャン!
でも、それって健康でスクスク育っている証拠だねプチ掃除はアルバム見すぎでまた、明日になっちゃた
明日からまた、気合いれてお掃除するぞ!

自分の好きなアニメと言うのはいくつかある。
それは今年に見たアニメである。
リアルタイムで見たのではなく、インターネットの動画サイトから見たものだ。
人気の出たアニメと言うのはそれに関連したグッズと言うのは必ず出て来る。
自分はアニメを見るのだが、グッズを購入することはしないようにしていた。
その理由は歯止めが利かなくなりそうだからである。
そんな自分が数日前に見た、一番くじと言うのがある。
これはアニメ関連のお店で販売しているくじ引きである。
1回600円で、そのアニメに関連した景品が必ず当たるというもの。
グッズは買わないと決めていたのだが、ここはよく行くお店でポイントが使える。
試しにポイントで1回引いてみた。
当たったのはアニメのキャラが描かれたグラス。
今のところ飾る場所もないし、使う予定もないので広めの本棚に保管中である。
値段と商品に価値を比較するとまぁ悪くないと感じている。
アニメグッズを買わないと決めていた自分だが、また新しいものを見つけたような気がする。

男の子ばかりの我が家に、今年姫が誕生しました。
私の子は高校生と小学生の男の子、弟の所は、5歳と3歳の男の子、女の子はもう望めないかなあ〜と半分諦めていたましたが、弟の所の3人目として見事女の子を授かりました。
初めての女の子の誕生にみんな大喜び、早速抱っこさせてもらうと、体が柔らかい!本当に女の子って柔らかいんです。
よく男の人が彼女を抱きしめた時「柔らかくって小さくて、守ってやろうと思った」とか言いますが、まさしくその感じです。
最近笑ったり泣いたり表情が豊かになり、お兄ちゃんに負けじと凄く早いスピードではいはいするのは見ていて笑えますが、何気ない仕草がやっぱり女の子らしいのには驚きます。
何なんでしょうか、手の動き一つとっても女の子らしく見えてしまいます。
誰が教えた訳でもないのに、動きも柔らかくって女の子に見えるのは、叔母ばかでしょうか?
「女の子は母親と、女のバトルがあるらしい」と妹が言ってましたが、さてさてどうなりますか・・叔母の立場から気楽に楽しませてもらいます。